キーワードを入れると色々な商品が検索できます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

400英文を数日間で記憶できるか?

本日も音のストリームでの学習についての記事です。

次回のレッスンは、レストランシーンを想定した英会話レッスンである事は、昨日の記事に書きましたが、それに対応すべく、新たな英文の記憶学習を始めました。
次回レッスンでは、私は客の役なのですが、全部で400例文のうち客側の英文は300例文あります。
その上、店側の英文100例文に関しても、リスニングぐらいはできないと英会話が成り立たなくなります。

えらい事です、、、(笑)。
1週間弱で全部記憶するのは、ちょっと自信がありません。。。
しかも今までの500英文と違い、少し難易度がアップしています。
食べ物関係のお初の英単語も登場してきます。
果たしてどこまでインプットできるのか。

いきなり覚えるのではなく、前回の500英文の時のように、100英文づつに区切って、リスニングとスピーキング、それから録音した自分のスピーキングのチェック、まずはこれらをひたすら行い、ある程度音のストリームが構築できた時点で覚えていく方法を取っていきます。

前回の500英文は、そのように音のストリームを構築した上で、記憶学習を行ったのですが、今までに何回も記事に書いたように、この方法だと覚えるのが非常に楽になります。
音の流れが脳にインプットされている状態になるからです。

しかし今回は、いかんせん時間がありません。
計算上では、1日100英文を覚えるぐらいの勢いでないといけない事となります(笑)。

まぁ当たって砕けろで、とにかくトライしてみます。
前回の500英文での表現が引用されている英文も、少しありますし(ほんの気休めか?)。

500英文から抜粋した100英文のテストレッスンの時や、昨日行ったインタビュー形式での初めての英会話レッスンの時でも、あらためて認識したのですが、日本語文を目で見て英語でスピーキングするのと、日本語ないしは英語でリスニングしながら、記憶している英文をアウトプットするのでは、労力がかなり違います。

日本語文を目で見て英文を答える事はできても、同じ文なのに、それを目ではなく耳で聞いているだけなのに、しかも同じ日本語文なのに、英文がパッと口に出てこない場合があります。

日本語なのですからリスニング能力というのは関係ありませんよね。
おそらく、英文のリスニングとスピーキングの訓練がまだ足りないのでしょう。

自分的には、音で、要するに耳で記憶していたつもりなのですが、まだまだ視覚で、要するに目に頼っている部分が大きいのだと思います。
目でのイメージ記憶のウエイトがまだ高いがために、リスニングのみという状況では、脳の記憶を引き出す事が難しいのだと思います。
要するに、まだまだ音のストリーム訓練が足りていないという事に気づきました。

この問題がクリアできた時というのは、おそらくそれなりに英会話ができている時、という状態になるではないかと思います。
日本語文も音声で録音して訓練するのもいい方法かも知れませんね。

TOEIC等で高得点を取れるぐらいの語彙力を持っていても、英会話ができないというのは、こういう事なんでしょうね。

前回の500英文の記憶は、音のストリーム訓練も含めて約4週間ぐらいかかりましたが、今回は音のストリーム構築のコツがわかっている分、そこまでの日数は必要ないでしょう。
しかし、数日間となると、、、(笑)。

ぐだぐだ言ってても仕方ないので、とにかくがんばってみます。

Oh,イングリッシュ!

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

tag : 音のストリーム TOEIC

音のストリーム14回目スカイプレッスン

久しぶりのブログです。
色々バタバタしており、数日間空いてしまいました。

本日は、音のストリームスカイプレッスンがありました。
私がインタビュアーになり、先生と英会話を行うというレッスンです。

事前に内容をある程度考えておくという事でしたので、先生のアメリカでの以前の出来事等を中心に話題を膨らませようと用意していたのですが、10分ぐらいで終わってしまいました(笑)。
私が現地の状況を全く知らないというのと、先生は当然英語でサラっと即答してしまうというのもあって、話を膨らませる事ができませんでした(笑)。

残りの時間は、今度は先生がインタビュアーになって、私の業界の話をメインに英会話を行いました。

久しぶりに英会話をしてみて、あらためて思ったのは、質問する方が楽だという事です。
自分の思いや疑問を英語で言うのは、正しい英語ではないにしても、まだそれなりの形でスピーキングできますが、質問への答えの場合、これがなかなか言葉が出てきません。
仕事絡みの話題なので、多少難しい面もあったかとは思いますし、慣れの問題等あるとは思うのですが、なかなか思うように英語が頭に浮かんでこないのです。

浮かんでこないと焦りも出てきますので、人称や時制なんかも無茶苦茶になってしまう事が多かったです(笑)。

先生の言葉で理解できないというのは少なかったのですが、初めての単語や忘れている単語なんかは、それがキーワードの場合には、まずはそれを理解したり思い出さなくてはなりませんでしたし。

まだまだですねぇ。。。

ほぼ完璧に覚えている500例文をアレンジしたりして駆使しようともくろんでいたんですが、もろくも崩れ去りました(笑)。
使える場面もあったはずなのですが、いざとなると頭が吹っ飛んでしまって。

私のレベルでは、まだまだ、浮かんでくる日本語を英語に置き換えてスピーキングしないといけないレベルなのですが、その工程すら上手くいきませんでした。

語彙力はともかく、やはり英会話という場数を踏む必要があると強く認識しました。
例え細かい間違いはあっても、とにかくスッと言葉が出てくるように早くなりたいもんです。
これはもう、レッスンを積んで慣れていくしかありません。
それと平行して、できるだけ多くの英文をインプットしていくしかないです。

英会話に関しては、相手がいないと成り立たないのですが、何か自分でできる練習方法を模索してみます。
洋画を見てそれぞれのシチュエーションでの英会話を覚えるとか、インタビュー形式の教材で相手の質問に勝手に答えていくとか(笑)。
とにかく、不意の事態でも、パッと英文がスピーキングできるようになる訓練を積む必要がありますね。

次回は、レストランシーンでの英会話レッスンです。
先日新たにいただいた400例分も使いながらのレッスンです。
レストランでの大まかなストーリーは教えていただきましたので、そのシチュエーションで使えそうな英文を、あらかじめ覚えておく勉強が必要です。

実際の英会話、という次のステージに移行はしましたが、これからが本番です。
がんばって身に付けていきたいです。

Oh,イングリッシュ!

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

tag : 音のストリーム スカイプレッスン

音のストリーム13回目レッスン

本日、音のストリームスカイプレッスンがありました。

500例文の記憶レベルの確認で、先生が抜粋100例文ほどを、それなりのストーリーを組んで日本語で言い、それを英語に訳すというのを行いました。
単語を替えているなど多少アレンジされている例文もありました。
少し前に500例文は覚えきってはいたのですが、毎日復習しているわけではなかったので、少々不安でしたが、けっこう記憶できていたのでほっとしました。

覚えにくい英文は、日本語そのままの訳ではなく、違った言い回しの例文ですね、やっぱり。
助動詞やgetを絡めたりする英文が私は苦手です。。。

ニュアンスやシチュエーションによって使い分けるべき英単語や英文の説明も、あらためてまじえながらのレッスンでした。
まだまだ日本語脳の私としては、「思う」とくれば、どうしても思わずthinkが口に出てきそうになったりします(笑)。
日本語訳と英語がピッタリ合うとは限りませんので、これはもう雰囲気というか感覚で覚えていくしかないですね。

このようなニュアンスが絡んでくる説明は、日本人ネイティブ先生ならではです。
日本語が第二外国語の先生だと、「その言い方ではなくてこの言い方です」という程度しか説明できませんので、応用が利きにくいですよね。

そう考えると、日本語が全く禁止の英会話レッスンというのはどうなんでしょうね。
ある程度話せたり理解できたりする人だといいでしょうが、全くの初心者の場合は、少しは日本語も混ぜてレッスンした方がいいのではないかとも思います。

以前から記事に書いていますが、音のストリームにのっとって記憶すると、断片的に単語が浮かべば、音の流れが頭の中に浮かんできて、英文が口から出てきます。
音のストリームが記憶の紐付けになっているのが実感できます。
この感覚は不思議な感じですねぇ。

だから、上記のような微妙なニュアンスの英単語も間違えにくいのですが、もっともっと練習すれば、もっと違和感なく口から出てくるようになるでしょう。
今日は、考えてから口に出た英文もありましたが、そうでないのもけっこうありました。
より多くの英文が、頭で考えずに口からサッと出るように早くなりたいもんです。

次回レッスンは、私がインタビュアーになり、先生に英語で質問をしていき、英会話を膨らませていくというレッスンです。
わからない英語表現は遠慮なく質問できますし、注意事項などを説明してくれるのも、日本人ネイティブ先生のメリットですね。

そうやって、色々な表現を実際に使ってみながら、自分で使いやすい覚えやすい英語表現をどんどん覚えていきます。

今この記事を書きながら思ったのですが、覚えるというより身に付けるっていう言葉の方が合っている感じです。
例えるならば、スポーツの練習のような感覚ですね。
頭も当然使いますが、自然と身に付いて上手くなっていくという感覚です。
地道な訓練を、継続して毎日行う事がもっとも重要なのも、スポーツと同じですよね。

頭を使う事がメインとなるTOEIC学習だけでは、英会話は絶対にできないだろうなと認識できます。

次回のレッスンも楽しみですが、近い将来、英会話が上手くできている自分を想像するとワクワクしてきます。
え?想像ではなく妄想ですって?
そうならないようにがんばるしかないです(笑)。

Oh,イングリッシュ!

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

tag : 音のストリーム スカイプレッスン TOEIC

音のストリーム12回目レッスン

本日、音のストリームスカイプレッスンでした。

前回いただいた、レストランシーンでの例文400文の発音と音の流れのチェックをしてもらいました。
オーディオテキストなしでの練習でしたので、どうかなと思いましたが、そこそこ大丈夫とのコメントをいただきました。
実は、最後のパート100文を練習するのが、なぜか抜けていたのですが(笑)、生まれて初めて見る単語以外はそれなりにスピーキングできました。

先日も記事にしたように、かなり現場的な例文もありますので、言いまわしが初めてという英文があります。
これらは覚えるのに少し苦労するかも知れません。

ただ、これまで行ってきたように、音のストリームが構築できるように何回もスピーキング練習し、音の流れの感覚がインプットされれば、そこからは覚えるのには苦労しませんので、ひたすら練習するしかないですね。

500英文を覚えるのに、最初はなかなか難しいだろうなとかなり不安でしたが、記憶するという作業を、何回も何回もスピーキングを行いつつ記憶するという方法を行ったおかげで、最終的にはどうにかなりました。

日本語訳を見て英文を出す場合に、最初の一語が出てくれば、あとは流れで全文が出てきます。
少しだけまだあやふやなのもありますが、更に何回もスピーキングしていれば、完璧になるにはそんなに時間はかからなさそうです。

英会話、英語を話したい会話したいというのが目的な人の場合には、この方法がベストでしょう。
以前から記事にしている、目・口・耳で覚えるという方法です。
そうやって例文のパターンを沢山覚えていき、アレンジしながら英会話レッスンでアウトプットしていけば、必ず身に付くはずです。

慣れるまで何回も練習が必要ですし、時間がかかるような気がしますが、実際はこの方法が一番の近道だと思います。
ある意味スピーキング練習もアウトプットですし。
私の場合、最初に想定していた記憶時間よりもずっと早く覚える事ができています。

ただ、私が思うに、あまりにも我流のスピーキングでは良くないと思います。
プロでも人によって、音のストリームは違ってくるでしょうが、基本の部分はネイティブスピーカーから指導を受けるべきです。

先日の記事に書いたようにTOEIC勉強ももちろん役に立ってはいますが、文法というある意味理屈を一生懸命勉強するより、脳の中を英語の音で早く一杯にした方が、話せるようになるのはもちろん早いだろうなと考えます。

文法が無茶苦茶ではどうしようもないだろって?
もちろん文法も大切です。
大切ですが、間違った英文を覚えるわけではありませんし、文法的な理解は後からでもできるはずです。

言語というのは、大昔に、口から出る音から始まって、それが文字になり、その後文法が確立されていったというのが自然なながれでしょう。

実際、私の知り合いの日本人ネイティブスピーカーも、間違った英文はすぐ気づいて正しい文を教えてくれますが、文法的な説明はあまり詳しくできません(笑)。
義務教育で英語がありながら、英語が話せないのは、文法重視の教育に問題があるのだと思いますけどねぇ。
小さい頃から英語の音の流れに慣れて、大人になってから理論を学んだ方がいいと思うのですが。。。
(少しは必要かも知れませんが)
しかしながら、英語ネイティブな先生が、義務教育の現場にはそんなにいないでしょうから仕方ないのかも知れませんが。

TOEICの勉強もしている自分としては、矛盾してはいますが、TOEIC勉強はあくまで受験勉強として捉えています。
点数という見える目標に対しては、もちろんモチベーションもアップしますので。

さて、次回からは、先生と英会話を実際にしていくレッスンが始まります。
いよいよアウトプットのステージになります。
英文がパッと出てくればいいのですが、最初は全然でしょうね。
アレンジもそんなに簡単にはできないでしょうね(笑)。
でも、インプット練習に加えてアウトプット練習も繰り返せば、必ず話せるようになると信じています。

そうやって早く身に付けて、早く英会話ができるようにがんばります。

Oh,イングリッシュ!

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

tag : 音のストリーム スカイプレッスン TOEIC

音のストリーム11回目レッスン、ネイティブ先生と初顔(声)あわせ

昨日は、初めてネイティブアメリカンの先生と桜井先生との音のストリームスカイプレッスンでした。

初回ですので、英会話レッスンではなく、これまでの例文500文の発音をネイティブ先生に聞いてもらい、コメントないしは指導をしてもらうという内容でした。

スカイプは良好で、中村敦夫さん(情報番組のキャスターも務めた俳優)のような声のネイティブ先生の声はとても心地良かったです。
木枯らし紋次郎役の人といった方がわかりやすでしょうか(笑)。

一気に500文を読み上げました。
少し緊張していましたので、最初の頃はちょっとペースが速すぎたかも。
緊張していたせいか、いつもより声が大きかったです。

結果は、上々の評価をいただきうれしかったです。
アメリカで学習したのか?なんて言われて、素直に喜んでおります(笑)。
詰まる部分もありましたし、いつもよりどうかなと思ったのですが、練習してきた甲斐がありました。

ほんの少しだけ英会話をしましたが、まだ、言いたい事の半分も言えませんでした(笑)。
でも、聞き取りは半分より多く聞き取れた感じです。
ほんの少しだけの会話ですが。。。
慣れれば、もう少し英会話らしくできそうな感じはします。

次のステージで使用する、新しいテキストをいただきました。
これからは、具体的なシチュエーションを想定してレッスンしていきます。
今回はレストランでの場面を想定したテキストです。
400文もあります。

昨日ざっと見たのですが、これが相当いけてまして、よくある参考書とはかなり味付けが違っています。
いわゆるよく見かけるノーマルな文だけでなく、かなり現実的な文が多々あります(笑)。
読んでても非常に面白いです(笑)。
内容は、、、勝手に書いて先生のお叱りを受けると困りますので、残念ながらここには書きませんが。

実際の現場での会話はこんな感じでしょうねぇ。
いや、まじで面白いです。
早く覚えて使いたいです(笑)。

次回は、すぐに覚えるのではなく、オーディオテキストなしで自分で音の流れを作り、まずはスピーキングしてチェックしてもらいます。
最初の500例文でレッスンした音の流れが、新たな文で活かせるかの確認です。
(今まで触れていなかったかも知れませんが、500例文にオーディオテキストも用意されています)

その後、日本語訳を覚えて、実際の場面を想定し、英会話レッスンを行っていく予定です。
もちろん、今までの500例文も含めてアレンジしていき、脳にインプットする英文を増やしていく作戦です。

引き続き400文も覚えていくのは大変ですが、楽しみながらできそうですし、何とかがんばっていきたいです。

Oh、イングリッシュ!

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

tag : 音のストリーム スカイプレッスン 英会話レッスン

音のストリーム10回目レッスン

本日の音のストリームレッスン、いつもと同じように最終500シリーズのスピーキングをメインにレッスンしました。

レッスンは1週間ぶりなのですが、だいぶ練習したおかげで、長めの英文もほとんど詰まる事なく、けっこうスラスラ言えるようになっています。
訳の記憶学習は300シリーズまで完了しており、残り200文ありますが、この調子だと記憶するのにそんなに苦労しなくて済むかも知れません。

というのは、発音を矯正し、自然なスピーキングが身に付いてくると、通常より覚えるのが楽なのです。
不思議なもんです。
脳と口がつながる感じとでも言ったらいいのでしょうか。
記憶学習というものが、覚えるという作業というよりも、音の日本語意味を確認するといったような感じになっています。

あとは、これから登場してくる新しい英文に対してどうなのかという事です。
しかし、なんかけっこう上手くいきそうな予感がします。

発音の矯正、この私のブログを読まれると、英会話初級英語初心者の方は、発音記号を忠実に再現したような、はっきりしたスピーキングを想像されるかも知れませんが、そんな感じではありません。
流れるような感じで、言ってるか言ってないかわからないような単語も多々あります。
特に前置詞とか代名詞なんかがそうです。
意識下では発音しているので、飛ばしているわけではありません。
日本語で、「1,2,3,4,5,6,7,8,9,10」とすごく早口でしゃべった時のような感覚です。
これにメリハリをプラスした感じとでも言いましょうか。

まだメリハリ不足等ありますが、これも不思議な事に、訳を覚えた文に関しては、自然と感情が入り、けっこうメリハリも出てくるもんです。

やはり、何回も何回もスピーキングして、口と耳を使って覚えていくというのは、かなりの効果がありますね。
ただ、我流スピーキングよりも、やはりプロに矯正してもらって、素直な音の流れを作るべきだと思います。
この微妙な調整は、外国人の先生よりも日本人ネイティブの先生の方が絶対にいいです。
日本語でニュアンスを伝えてもらわなければ、我々初心者はわかりませんから。

次回はいよいよ、アメリカのネイティブ先生と桜井先生と3人でスカイプレッスンです。
最近のスカイプは問題ないのでしょうかね?
昔は海外とスカイプしても、途切れ途切れで上手くいかなかったので。

なんかインターナショナルな感じになってきて、非常に楽しみです。
いきなり駄目だしされる可能性もありますが(笑)。

Oh、イングリッシュ!

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

tag : 音のストリーム 英会話初級 英語初心者 スカイプレッスン

音のストリーム9回目授業

本日、音のストリームスカイプ授業がありました。

今は、500シリーズの長めの文をスピーキングしているのですが、音の流れに留意して練習していますので、だいぶ良くなってきている感じです。
音のストリームが構築されてくると、不思議な事にメリハリもだいぶ出てきてるように自分では感じます。

桜井先生が指導されるように、最初の息の流れにのってスピーキングするように練習していました。
そうするとメリハリが出てくるのです。

先生が言い忘れていたのかどうかわかりませんが、文頭の出だしを強めに出すように毎回言われていましたが、今日は言われませんでした。
意識して練習しているので、だいぶ良くなっているのかも知れませんね。
最初は苦労しましたけど(笑)。
日本語特有の癖で、どうしても単調な出だしになってしまうので注意して練習していました。

本日指摘されたのは、まだ口が緊張しているという事でした。
それが少しぎこちない感じになっているのは自分でもわかっているのですが、まだまだ練習不足ですねぇ。
短い文はかなりいいのですが、長めになるとまだ厳しい文が出てきます。

ちなみに、今日初めて、先生の超ハイスピードなスピーキングが登場しましたが、何言っているかあんまりわからないぐらいでした(笑)。

テーマ : 英語は自主学習が決め手
ジャンル : 学校・教育

tag : 音のストリーム

プロフィール

エリック

Author:エリック

  人気ブログランキングへ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
教材情報
リンク
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
ブログランキング【くつろぐ】
CoRichブログランキング

blogram投票ボタン
ブログ王
ブログランキング
BS blog Ranking
BlogPeople(仕事・資格)
リンク by BlogPeople
ブログの惑星
TREview(資格・スクール)
英語・英会話のBlog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。