キーワードを入れると色々な商品が検索できます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文法が先か英会話が先か??

今日は日本人先生クラスの授業でした。

みっちり3時間強の授業なのでけっこう疲れます。
本日は仮定法がメインでしたが、以前に参考書で自分なりに勉強してましたが、やはり難度は高いです。
元々このような概念が日本語にはないからだと思うのですが、すっと出てくるようになればすごいんですけどね。

英会話には英文法の勉強は重要でないというコメントを時々見たりしますが、私はそうは思いません。
自然と身に付くネイティブ環境にいるとか、幼少の頃から英語に触れるとかなら必要ないのかも知れませんが、日本語環境で大人になってから英語を学ぶのであれば、英文法という規則というか基準というか、それを理解しないと余計に混乱して前に進みにくくなると思います。

料理だってレシピに近い状態で作らないと無茶苦茶になってしまいます。
ある程度は型にできても、中身がぐちゃぐちゃという事になってしまうでしょう。

普段の英会話で、英文法に固執するまではしなくても、やはり正しい英語というのをしゃべりたいもんです。
日本で勉強している、毎日英会話をしているわけではない、といった状況では、やはり英文法、つまりは理屈も勉強しないと上達しないはずです。
言語ですが、環境上、学問として捉えなければいけない部分もあると思います。

ただ相手に通じればいいというのであれば、英文法なんか勉強しなくてもと考えがちですが、はたしてそれでいいのでしょうか?
簡単な会話から脱皮できないと思います。
やはり知識がないと、応用がきかないはずです。
仕事に活かそうと考えてる人は特にそうでしょう。
友達関係では適当な言語でも楽しければいいでしょうが、仕事ではリスクが大きすぎますよね。

だからといって、英文法ばかりに囚われるのもいけないと思いますけどね。
学生時代から文法中心の授業ばかりなので、日本人は英会話ができない、と言われるのも当たっていると思います。
授業でも、間違った答えを話してしまうといけないというような雰囲気があった記憶がありますし、今でもそれがブレーキとなっている人も多いのではないでしょうか?

その点、今の学院は、発言に対して否定から入るような事はされませんので助かってます。
自分の現状の知識の中で応用して話すという癖付けになります。
それに、間違った時っていうのは正しい答えを脳に記憶しやすいですし、合っていればモチベーションが上がりますし。

インプットの勉強とアウトプットの勉強のバランスが大切だと思います。

テーマ : 英語は自主学習が決め手
ジャンル : 学校・教育

コメント

非公開コメント

プロフィール

エリック

Author:エリック

  人気ブログランキングへ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
教材情報
リンク
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
ブログランキング【くつろぐ】
CoRichブログランキング

blogram投票ボタン
ブログ王
ブログランキング
BS blog Ranking
BlogPeople(仕事・資格)
リンク by BlogPeople
ブログの惑星
TREview(資格・スクール)
英語・英会話のBlog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。