キーワードを入れると色々な商品が検索できます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉を音として捉える

昨日の話にあった、言葉を音として捉えるっていう件ですけど、今の練習をマメに繰り返していくと、絶対にある時点を境にレベルがポンと上がる日が来るはずだと確信しています。

というのは、私は中国語でそういう経験があるからです。
以前中国に1年強住んでいたのですが、1年弱ぐらい経った時点で、ある日突然相手の言葉がかなり聞き取れるようになる日が来ました。

これはもちろん、その人が置かれる環境とかによってかなり期間に差が出てくるはずですし、相手の訛りがきつかったり話題が難しすぎると難しいのですが、誰でも必ずその時が訪れます。

そうするとどういうわけか、言いたい事も案外すっと言葉に出てくるようになります。
勉強してないんで、もちろんボキャブラリーなんてまだまだ知れてますけど、基本的な単語を使って何とか意思を伝えようとできるんです。

私はいつも、くだらない冗談をなんとか言えないかなんて模索してましたね。
しゃべった冗談が受けた時はそりゃもううれしいもんでした。
あと、怒った時に言葉で文句を言えた時もうれしかったです。
それはよくタクシーの運転手で練習してました。わざと遠回りするんで(笑)。

商談時に密談されにくくなったというメリットもありました。
あと半年ぐらい住んでたら、けっこう話せるようになっていたでしょうねぇ。
読み書きは全く駄目ですけどね。
漢字を見ながら意味を想像するぐらいしかできません。
日本語と意味が全く違う漢字も多々あるんで気をつけないといけませんし。

我々からすれば、馴染みが少なくあんなに変わった発音をする中国語でさえ、何とかなってくるんですから、中学生の時から馴染みのある英語が話せない訳がありません。

でも、リスニングやスピーキングを重視していない教育でしたから、逆に悪い癖が脳に刻まれているんでしょうね。
脳みそをアップデートしていくのは非常に大変です。

そういった意味で音のストリームを構築していく事は、英会話習得への近道だと思っています。

テーマ : 英語は自主学習が決め手
ジャンル : 学校・教育

tag : 音のストリーム

コメント

非公開コメント

プロフィール

エリック

Author:エリック

  人気ブログランキングへ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
教材情報
リンク
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
ブログランキング【くつろぐ】
CoRichブログランキング

blogram投票ボタン
ブログ王
ブログランキング
BS blog Ranking
BlogPeople(仕事・資格)
リンク by BlogPeople
ブログの惑星
TREview(資格・スクール)
英語・英会話のBlog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。