キーワードを入れると色々な商品が検索できます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音のストリーム18回目・19回目スカイプレッスン(続き)

前記事の続きです。

私なりに思うのは、いわゆる普通の英作文というのは、視覚で文章を捉えているので、比較的英文を組み立て易いです。
しかし、リスニングから英文を組み立てていくというのは、自分の持っている範囲内での英語表現がリアルに出てきます。
それが自分の現状の英会話実力だという認識ができます。

英会話と同じような感じですが、ストーリーをリスニングするので、いわゆる英会話とは少し違い、その一歩手前の訓練といった感じでしょうか。

実際に、英文を組み立てていく際に、別に宣伝するわけではありませんが(笑)、音のストリームで今までに覚えた英語表現は使いやすいです。

私が思うに、英文が覚えやすい構成になっている感じがします。
これは、音の流れを重視して英文を作っているために記憶し易いのではないかと思います。
スピーキングし易い英文、という事は、記憶もし易いのではないかと思われます。

例文を作成する際に、映画を参考にしたり、ネイティブ先生と相談されたりもして作ったと、先生から聞いています。
要するに普段実際に使っている、使いやすい英語表現になっているという事です。

参考書等でもそういったのは多いとは思いますが、しかし、おそらく英文の音の流れまで考えて作成されているのはそうないのではないかと思います。
これは、けっこう記憶学習においてのポイントかも知れません。
話し易い英文は覚え易い、という事です。

音のストリームには、私が今までにレッスンした中では、やたら長い例文があるわけではありませんが、音の流れのコツをつかむと自然と丸覚えができたります。
復習した時に、言い間違えたと思って見てみると、完全な間違いではなく、意外と自分の表現になっていたりしています。
これは、その言い方が、自分では音の流れを構築し易いからなのだと思います。
その時に、別の例文の英語表現を組み合わせていたりするのですが、それはそれで、けっこうしてやったりとうれしくなります(笑)。

次回も現状の英語ジョークを使ったレッスンです。
近々に、ネイティブ先生との英会話スカイプレッスンが始まる予定です。

スピーキングは何とかなりそうな感じはしますが、リスニングが果たしてどうか、といった感じですね。
楽しみでもあり不安でもあります(笑)。

スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

tag : 音のストリーム 英語ジョーク スカイプレッスン

音のストリーム18回目・19回目スカイプレッスン

久しぶりのブログ投稿です。
毎日寒いですねぇ。
南国育ちではありませんが、寒いのは苦手です。

投稿がないという事はそれなりに忙しいという事ですが、英語勉強の方は細々とですがもちろん続けていました。
できる限り毎日英語に触れる事が重要ですし、間が空いてしまうと復活するまでに時間が必要となってしまいます。

時間がないといっても、隙間時間は毎日存在しているわけで、あいかわらずメモリボWを使用して、英文記憶学習のレビューは行っています。

既習英文数が多いので、当然のごとく毎日小分けして順番に隙間時間学習をしているわけですが、メモリボWだと、しおり機能という、前にやった地点をメモリーしてくれる機能があるので助かります。
次に再開する時に、そこからスタートできるので非常に便利です。

音のストリームスカイプレッスンは順調に進んでおり、現状は17回目レッスンと同じステージです。
英語ジョークを先生と持ち寄ってお互いにスピーキングし、相手のを理解して、次回のレッスン時に今度は自分自身の英語表現で、前回の相手の英語ジョークをスピーキングするというレッスンです。

リスニング力の不足もありますし、ジョークのオチを理解するのはなかなか難しいのですが、話の流れというのはそれなりに理解できてきているように思えます。
先生からも、けっこう細かい部分まで聞き取れていると褒めていただきました。

自分ではそんなに達者にリスニングできているとは到底思えませんが、わからない部分を想像して理解していくという部分では向上しているように思えます。

当然、どのようなシチュエーションでの話の展開になるかは最初はわからない訳ですから、聞き取れる範囲からストーリーを読み取っていかなければなりません。
経済とか政治のような専門的な話ではないので、ストーリーを読み取り易いという事もありますが。
あと、最初に先生が登場人物を教えてくれているというのもありますけどね。

自分が調べてきて披露する英語ジョークに関しても、特に丸覚えしているわけではなく、ポイント部分を押さえて自分なりの英語表現も混ぜています。

ジョークの場合、オチにいくための前振りも重要であって、そこの部分を上手く表現してスピーキングするのが非常に難しいですね。
ただ単に物語をスピーキングするだけではありませんので、それはそれでけっこう訓練になります。
一発ギャグのようなわけにはいきません(笑)。
(英語でも一発ギャグはあるのでしょうか?)

一度聞いた話を少し時間を置いて自分なりの表現でスピーキングする。
英作文とはまた違った感じで、これはけっこう訓練になりますね。

ちょっと文章が長くなってきたので、投稿を分けます。
次の記事に続きます。。。

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

tag : メモリボW 音のストリーム スカイプレッスン 英語ジョーク

プロフィール

エリック

Author:エリック

  人気ブログランキングへ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
教材情報
リンク
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
ブログランキング【くつろぐ】
CoRichブログランキング

blogram投票ボタン
ブログ王
ブログランキング
BS blog Ranking
BlogPeople(仕事・資格)
リンク by BlogPeople
ブログの惑星
TREview(資格・スクール)
英語・英会話のBlog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。