キーワードを入れると色々な商品が検索できます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音のストリーム12回目レッスン

本日、音のストリームスカイプレッスンでした。

前回いただいた、レストランシーンでの例文400文の発音と音の流れのチェックをしてもらいました。
オーディオテキストなしでの練習でしたので、どうかなと思いましたが、そこそこ大丈夫とのコメントをいただきました。
実は、最後のパート100文を練習するのが、なぜか抜けていたのですが(笑)、生まれて初めて見る単語以外はそれなりにスピーキングできました。

先日も記事にしたように、かなり現場的な例文もありますので、言いまわしが初めてという英文があります。
これらは覚えるのに少し苦労するかも知れません。

ただ、これまで行ってきたように、音のストリームが構築できるように何回もスピーキング練習し、音の流れの感覚がインプットされれば、そこからは覚えるのには苦労しませんので、ひたすら練習するしかないですね。

500英文を覚えるのに、最初はなかなか難しいだろうなとかなり不安でしたが、記憶するという作業を、何回も何回もスピーキングを行いつつ記憶するという方法を行ったおかげで、最終的にはどうにかなりました。

日本語訳を見て英文を出す場合に、最初の一語が出てくれば、あとは流れで全文が出てきます。
少しだけまだあやふやなのもありますが、更に何回もスピーキングしていれば、完璧になるにはそんなに時間はかからなさそうです。

英会話、英語を話したい会話したいというのが目的な人の場合には、この方法がベストでしょう。
以前から記事にしている、目・口・耳で覚えるという方法です。
そうやって例文のパターンを沢山覚えていき、アレンジしながら英会話レッスンでアウトプットしていけば、必ず身に付くはずです。

慣れるまで何回も練習が必要ですし、時間がかかるような気がしますが、実際はこの方法が一番の近道だと思います。
ある意味スピーキング練習もアウトプットですし。
私の場合、最初に想定していた記憶時間よりもずっと早く覚える事ができています。

ただ、私が思うに、あまりにも我流のスピーキングでは良くないと思います。
プロでも人によって、音のストリームは違ってくるでしょうが、基本の部分はネイティブスピーカーから指導を受けるべきです。

先日の記事に書いたようにTOEIC勉強ももちろん役に立ってはいますが、文法というある意味理屈を一生懸命勉強するより、脳の中を英語の音で早く一杯にした方が、話せるようになるのはもちろん早いだろうなと考えます。

文法が無茶苦茶ではどうしようもないだろって?
もちろん文法も大切です。
大切ですが、間違った英文を覚えるわけではありませんし、文法的な理解は後からでもできるはずです。

言語というのは、大昔に、口から出る音から始まって、それが文字になり、その後文法が確立されていったというのが自然なながれでしょう。

実際、私の知り合いの日本人ネイティブスピーカーも、間違った英文はすぐ気づいて正しい文を教えてくれますが、文法的な説明はあまり詳しくできません(笑)。
義務教育で英語がありながら、英語が話せないのは、文法重視の教育に問題があるのだと思いますけどねぇ。
小さい頃から英語の音の流れに慣れて、大人になってから理論を学んだ方がいいと思うのですが。。。
(少しは必要かも知れませんが)
しかしながら、英語ネイティブな先生が、義務教育の現場にはそんなにいないでしょうから仕方ないのかも知れませんが。

TOEICの勉強もしている自分としては、矛盾してはいますが、TOEIC勉強はあくまで受験勉強として捉えています。
点数という見える目標に対しては、もちろんモチベーションもアップしますので。

さて、次回からは、先生と英会話を実際にしていくレッスンが始まります。
いよいよアウトプットのステージになります。
英文がパッと出てくればいいのですが、最初は全然でしょうね。
アレンジもそんなに簡単にはできないでしょうね(笑)。
でも、インプット練習に加えてアウトプット練習も繰り返せば、必ず話せるようになると信じています。

そうやって早く身に付けて、早く英会話ができるようにがんばります。

Oh,イングリッシュ!
スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

tag : 音のストリーム スカイプレッスン TOEIC

勉強タスクマネージメントとタイムマネージメント(その1)

勉強タスクが増えてくると、モチベーションの維持とスケジュールマネージメントが必要となってきます。

8月の時点で、勉強タスクのルーティーン化はある程度できてはいましたが、明確化できてなく、まだあやふやでしたので、怠け者の私はいつ挫折するかわかりませんでした。

そこで、スケジュールを組んでいくのに、まずは自分の1日ないしは週のスケジュールの洗い直しをしてみました。
曜日によって1日のスケジュールは変化してはきますが、とりあえず現状の曜日ごとの行動を時間割にして書き出してみました。
何時から何時は通勤時間とか、何時から何時は仕事とか、何時から何時はTVとか、けっこう細かくです。

そうすると、というかわかってはいましたが、現状のままでは、英単語・英文法・英語学院の予習復習・英語学院での時間等、英語学習の時間と、もちろんプライベートの時間も含めて目一杯で、これ以上勉強タスクを増やしていくのが無理だと再確認できました。
現状勉強している参考書が終われば、次に進めるのですが、TOEIC対策ももうそろそろ始めないといけませんでした。

自分の行動を改めて書き出してみると、何が必要で、何が無駄な時間なのかがよく見えてきます。
時系列で視覚化するという行為が、まずはポイントとなります。

私の場合、最大の無駄だと、改めて思えた時間がはっきりと見えてきました。
平日は1、2時間、休日はさらに数時間という無駄な時間を再認識できました。

何かを新たに始めようとする時には、手放すものや捨てるものの覚悟も必要です。
無駄だと思えるのであれば、なおさら捨てなければいけません。
将来の目標と、今の現状を比べてみれば、もっとはっきりと認識できます。

ここで、以前の記事にも書いた、最終目標の設定と視覚化が効果を発揮します。
背中を押してくれる役目と、モチベーション維持に効果を発揮します。

その無駄と思えた時間は何だったのか?
最近、記事が段々と長くなってきましたので、次回に続くという事にします(笑)。

Oh,イングリッシュ!

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

tag : TOEIC対策 英語学院

プロフィール

エリック

Author:エリック

  人気ブログランキングへ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
教材情報
リンク
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
ブログランキング【くつろぐ】
CoRichブログランキング

blogram投票ボタン
ブログ王
ブログランキング
BS blog Ranking
BlogPeople(仕事・資格)
リンク by BlogPeople
ブログの惑星
TREview(資格・スクール)
英語・英会話のBlog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。