キーワードを入れると色々な商品が検索できます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語学院

本日は英語学院でした。

テキストもいよいよ後半にさしかかってきています。
後ろの方をめくってみると、かなりの長文なのでびっくりです。

以前に学習した英文も、時々は見ているのですが、短い文は覚えてても、長文は忘れがちです。
ここ最近のはだいぶ長くなってきてますし。
というか、忘れている(笑)。

基本的な文は予習と復習でそこそこ覚えてきましたので、それなりに転用しては使えそうですが、実際問題として、日本語をパッと言われた時に、即座に英文が出てきにくいという事は、やはりまだまだ脳の長期記憶部分には完全にはインプットされていませんねぇ。
特にかわった言い回しなんかは覚えにくいです。
あとは、動詞の単数・複数・時制をパッと言えない場合が多いです。
あ、短文は問題なしっていうわけでもありませんよ(笑)。

方法がいいとか悪いとかという問題ではありませんが、音のストリームで行っている、発音を矯正されながら、スピーキングを行い、と同時に日本語訳を覚えていくという方法は確かに定着度が高いような感じはします。
ただ、すごく長い文ではありませんが。
もちろん、下地に英語学院での今までの学習というのも効果が出ています。

長文は短文の寄せ集めという風に考えれば、とにかく短文でも覚えこんでいけば使えていけるようになるはずです。
文法が絡んでくるので、全部が全部そう単純ではありませんけどね。

英語学院でも、何回も何回も自分でスピーキングして下さいと言われています。
色んな参考書等にも書かれているように、五感を使って覚えるのは確かに効果がありますね。
(厳密には味わうと触れるがないから三感ですね)
語彙も、文の中で覚えていった方が定着しやすいです。

次回から、予習をしていない日本語を先生が読み上げて、口頭で英文で答えるというのが始まります。
自分の知識の中でどれだけアウトプットできるのか楽しみです。
おそらく全然でしょうが(笑)。
音のストリームで学習しているのもきっと役に立つでしょう。

改めて思ったのですが、通訳というのはすごい事ですねぇ。。。
日本語と英語の文法は逆だし、かなり大変な事だと思うのですが。
人間の脳もすごいもんです。
スポンサーサイト

テーマ : 英語は自主学習が決め手
ジャンル : 学校・教育

tag : 音のストリーム

プロフィール

エリック

Author:エリック

  人気ブログランキングへ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
教材情報
リンク
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
ブログランキング【くつろぐ】
CoRichブログランキング

blogram投票ボタン
ブログ王
ブログランキング
BS blog Ranking
BlogPeople(仕事・資格)
リンク by BlogPeople
ブログの惑星
TREview(資格・スクール)
英語・英会話のBlog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。