キーワードを入れると色々な商品が検索できます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は英語学習元年でした

あっという間に今年も終わりですね。

早かったと思っている方もおられるでしょうし、辛く長かったと思っている方もおられるでしょう。

私は、今年は英語勉強という新たな出会いがあり、英語勉強をきっかけにした良い出会いもありましたし、あっという間でもあり、今後への楽しみが増えた年でもありました。

英語勉強を始めて、本当に良かったと思っています。
この半年強で、だいぶ身に付いたと思っています。
目標達成への道のりはまだまだ続くのですが、自分の新たな可能性というものを再認識できましたし、人生目標的な事も明確になりました。

このブログも、同じように英語を勉強されている方々の励みに、少しでもなれたらうれしいですし、また自らのモチベーションを維持するためにも役立ちました。

自分でもよく続いているなぁと思います(笑)。
英語学院や音のストリーム、ブログを書いたり、と楽しく勉強できているからだと思います。
なかなか継続できない、飽き性だ、怠け者だ、というような方はぜひ私のブログをよくご覧になって、私のような怠け者でも英語勉強を継続できている事実を参考にしていただければと思います。

年始には、再度目標設定を確認し、新たな気づきが湧き出てこないか、英語勉強やそれ以外でも何か良いアイデアが出てこないか、いい機会ですので、行ってみようと思っています。

明日と正月はバタバタするので勉強を休みにしますが、正月ボケしないようにすぐ再開したいと思っています(笑)。

来年の今頃は、それなりに英会話ができるような自分になっているように、来年もがんばりたいですね。

皆さん、良いお年を!
Oh,イングリッシュ!
スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

tag : 音のストリーム

年末は勉強方法も見直してみましょう

皆さん、今年一年はどんな年でしたか?

英語学習をずっと続けている方、最近始められた方、一年の区切りという機会でもありますので、再度色々見直されるのもいいかと思います。

何をするにおいても、自分の弱点を知るというのは、非常に大切な事です。

TOEIC学習の場合は、リスニングなのか、リーディングなのか。
リーディングの中でも、文法なのか語彙なのか。
英会話勉強の場合は、インプットなのかアウトプットなのか、リスニングなのかスピーキングなのか。
TOEICの場合は、テストの得点である程度は判明しますよね。

いずれにしても、お互いの項目がリンクしていなければいけませんし、片手落ちではいけません。
誰でも苦手な分野というのはあります。
しかしながら、それは方法によっては、かなり克服できるはずです。

ひたすら勉強しなければいけないのは周知の事実なのですが、時々自分を客観的に見直して、方向性が正しいのかどうかを見直す必要性があります。

苦手な項目をまずははっきりさせ、勉強のウエイトを修正する必要があります。
同じ勉強方法を続けていても、なかなか伸びないのであれば、間違っているとまでは言わないにしても、その方法や教材が適していないのかも知れません。

このような時にこそ、プロのアドバイスを参考にするべきです。
彼らだって、一朝一夕に英語ができるようになったわけではありません。
紆余曲折、色々失敗や苦労を経て、英語が話せるようになったわけですから。

初心者によくありがちなのは、「どうやったら英語を話せるようになりますか?」とか、「どうやったらTOEICで高得点を取れますか?」なんていう絞り込めていない質問です。
このように問いかけられると、さすがにプロの方々も「毎日勉強するしかないですね」としか答えられません。

まずはとりあえず英語学習を始めてみて、ある程度の期間一生懸命勉強してみないと、弱点は掴めてきません。
何から勉強したらいいのか?
それは、自分の目標設定(12月6日の記事)によって違ってくるでしょう。

こんな時にこそ、情報があふれかえっているネットを利用すべきですし、英会話学校等に通われているなら、先生に相談すべきです。
私が通っている英語学院で、授業が終わるといつもすぐ帰ってしまう人もけっこういますが、そんなに順調に勉強が進んでいるのかなと疑問に思ってしまいます。
例え雑談でも、プロとの会話の中に色々なヒントが隠されていると思うのですが。

プロの経験談やアドバイスで、良い部分はマネをし、失敗経験を避けるようにするのが近道です。
なので、私は教師のいない教材、全くの独学というのには、限界があると考えます。
限界というか、回り道を歩いている可能性があるという事です。
TOEIC勉強は受験勉強ですのでまだしも、英会話学習では独学だけでは難しいと思います。

準備期間という時間の投資も大切ですといつも言っていますので(12月8日の記事)、まずはとりあえず英語学習を始める、という発言は矛盾していると思われるかも知れませんが、準備を始めた時点で既にスタートはきられています。
とりあえず船に乗らない事には、出航すらできませんし、もちろん目的地に着く事は不可能です。
あとは、悪天候を避けながら、メンテナンスもしながら、できるだけ早く順調に目的地に着くようにするのみです。
なぜ船かって?
基本的に英語学習においては、飛行機も高速艇もありえないと思っていますので(笑)。

勉強を始めてみて、もし方法や教材が、自分的にも客観的にも間違っているとか合っていないとか判断できた際には、潔く捨てるという選択も重要です。
決してもったいなくはありません。
非常に前向きなジャッジです。
時間は取り返す事はできませんが、お金は取り返す事は可能ですから。

私の今までの記事を読んでいただければわかりますが、たかが半年強でも色々試しています。
継続して勉強していれば、色んな事が見えてくるからです。
目標設定と自分のコアな部分がぶれていなければ、継続できるものです。

Oh,イングリッシュ!

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

tag : TOEIC

英文の長期記憶学習進行中

音のストリームレッスンでいただいた500例文の練習を続けています。
一通り500例文は記憶終了しており、それを長期記憶にインプットするための練習です。

長めの英文はなかなか記憶しにくいというのは、以前から記事に書いていましたが、ここにきて段々完璧に近くなってきました。
メモリボを使って、隙間時間を利用しての練習もしていますが、長い英文から始めても、20分ぐらいで200英文以上は復習できています。

ここまでくると、苦痛感は全くなくなってきます。
逆に、道を歩いている時にまで、英文が頭に浮かんできます(笑)。
そんな場合は、単語を一部換えたりして、頭の中で遊んでいます。
長めの英文の前半とか後半を違う文に入れ替えてみたりもして遊んでいます。

使える状況になった時に、パッと出てくるかどうかは、まだ自信がありませんが、試してみたくてウズウズしています。
昨日なんか、駅で外国人の方が他の人に何か尋ねている光景を見て、何で俺に聞いてくれないの?なんて思いながら見ていました(笑)。

英語学院の外国人先生クラスでもそうだったのですが、我々日本人はどうしても遠慮がちになってしまい、全員に何か問いかけられた際に、自ら発言する人はほとんどいません。
英語初心者になればなるほど、その傾向は強いと思います。
私はまだ比較的発言する方でしたが、たぶん皆さん間違う事を恐れているのでしょうね。

これは本当に損な行動です。
相手は、初心者と認識した中で問いかけているのですから、間違った英語を使う事は想定済みです。
誰でも最初から完璧な英語を話せるわけがありません。

私も、できるだけ間違わないように話さないと、という意識がどうしても幾分かは働いてしまいます。
これは今までの英語教育の弊害なんでしょうね。
文法とか語彙しか学んでこず、何のための勉強かというとテストのためだけでした。

義務教育の授業では、間違った英語で発言すると、それはおかしい、とすぐ間違いを指摘されるような授業です。
そんなのが続けば、間違いを恐れて発言しにくくなるのは当然です。
確かに、正しい英語を使えるようになるのが目的ですが、インプットだけでどうにかなるものではありません。
アウトプットできて初めて成り立ちます。

逆に、間違った方が記憶に残りやすいので、私はできるだけ恐れずに発言するようにしていました。

例えば道を歩いていて、外国人の方が片言の日本語で問いかけてきたとしたら、「こいつは何言ってるんだ?下手くそな日本語だなぁ」なんて思いませんよね?
外国人から日本語で話しかけられたら、それが例え片言の日本語でもうれしいもんです。

同じだと思います。
我々が外国人の方に、間違った英語で何か尋ねたり答えたりしても、せいぜい「英会話初心者なんだな」と思われる程度です。
意味が通じなければ、やり取りが始まり、通じた時にはうれしいもんです。
異国の地では、回りは外国人ですので、間違っていても使わざるおえません。
海外旅行なんかで、通じた時のうれしさを経験されている方も多いでしょう。

間違った英語を使った時の、先生の怖い顔、あきらめの顔、そんなのが脳に刻み込まれてしまっているのかも知れませんね。

英語学院に通い始めて、教えてもらって初めて知った事が、英語は結論から述べる事が多い、という事です。
まず結論を述べて後から言葉を足していく、この方法でいけば、あれこれ考えずにまず発言をする事ができます。
授業などでなかなか発言できない人は、頭の中をこんな感じで切り替えるのもいいのではないかと思います。

頭の中で単語や文法を組み立てるのではなく、もちろんそれも大事なのでしょうが、使える英文や使いやすい英文をどんどんインプットしていき、単語や文を組み替えてアウトプットしていく、そうやっていく中で文法や語彙を活かしていく、というのが英会話ができるようになる近道だと思います。

それに加えて、アウトプットする機会をできるだけ増やして、どんどん間違って(笑)、正しい英文を身に付けていく、そうすればもっと近道を通る事になるでしょう。

英文を覚えていくには、リスニングとスピーキングで音のストリームを構築していけば、覚えるのにさほど苦労しません。
いつも書いてますが、これは本当に不思議です(笑)。

Oh,イングリッシュ!

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

tag : 音のストリーム

勉強タスクマネージメントとタイムマネージメント(完結編)

今日は、私の勉強タスクマネージメント方法について書いてみようと思います。

仕事の場合もそうですが、タスクマネージメントには色々な方法がありますよね。
昔は手帳やノートしかありませんでしたが、今はPCでも携帯電話でも、色々な管理方法があります。

TOEIC勉強を始めてしばらく経ち、やるべき事もそれなりに増えてきた時に、どうやって管理しようか考えました。
やるべき事が増えたという意味は、参考書・問題集、リスニングやリーディングや文法という意味で増えたという意味です。

特に管理なぞしなくても、普通に参考書や問題集をこなしていれば、それはそれで問題ないのですが、私は怠け者ですので、何とかサボらないように色々工夫が必要です。
また、常にモチベーションを維持しておく必要もあります。

最初はノートにタスクスケジュールを書き込んでいこうかと思いました。
勉強のタイムマネージメントでは、スケッチブックを使用しているという事は、先日の記事(12月20日)に書きましたが、勉強タスクをいちいちノートに書いて管理していくのは、ちょっと手間を掛けすぎかなと思いました。

準備に多少の時間とお金を投資する必要性を、私はいつも重視していますが、勉強タスクをいちいちノートに書いて管理していくのは、さすがに時間がもったいないと思いました。

そうなると誰しも考えるのはPCでの管理です。
さっそく私もそうしようと決めました。
エクセルで管理表を作る事を考えましたが、フォーマット作成からですので、これも意外と手間です。
ヤフーやMSNやグーグルのカレンダーで管理しようかと思いましたが、逆にこれではスケジュール確認はできても進捗管理は難しいです。

結局、タスクマネージメントのフリーソフトを使って管理していく事にしました。
ベクターというフリーソフトのHPがあります。
ビジネス関係に限らず、びっくりするぐらい沢山のフリーソフトが用意されています。

マネージメント関係だけでも相当数あり、選択するのに苦労しました(笑)。
情報があふれすぎているというのは、ほんと疲れます。。。
タスク、スケジュール、ToDo、販売、生産等々色々あります。

私は、生産マネージメントとOEM営業という職種でずっときていますので、進捗管理を考えると、生産マネージメントのソフトが適用できるのではないかと見てみましたが、今回の用途ではその関係のソフトはちょっと複雑すぎました(笑)。

で、ゴールリアライザーというソフトを使う事にしました。
読んで字のごとく、目標達成支援ソフトといううたい文句です。

フリー版では、目標達成という趣旨を管理していくのには物足りない部分も多いのですが、お金を掛けてまでとは考えていませんので、これで十分です。

タスクを記入する部分に参考書や問題集名を記入し、毎日やるべき量を決めて、終了日を設定して管理しています。
それが横グラフのカレンダー式になっており、全体像と進捗状況がわかるようになっています。
毎日やった量が増えていき、%が上がっていくのをモチベーションアップに役立てています。

それと自動で連動して、別ページで日々のタスク管理ができるようになっています。
毎日のToDoリストに実際にやったらチェックしていきますので、ノルマが達成できた時には充実感を感じますし、サボり具合も一目瞭然です(笑)。

やはり、全体像が一目瞭然でわかり、進捗具合が目に見えるというのは、非常に役立ちます。
簡単に使えるソフトなので、今も便利に使わせてもらっています。

これが私の勉強タスクマネージメント方法です。

フリーソフトはあり過ぎるぐらい沢山ありますので、使わない手はないと思います。
タスクマネージメントに限らず、一度参考にされてみてはいかがでしょうか。

Oh,イングリッシュ!

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

tag : TOEIC ベクター ゴールリアライザー

聞くだけで英語を話せるようになる??

先日、深夜のTV通販で、最近広告を頻繁に見かける英語教材をやっていました。
某有名スポーツ選手が広告に出ている教材です。

音声をずっと流して、家事とか色々しながら学習するというのですが、こんな「ながらリスニング」で英語を話せるようになるのでしょうかねぇ?
TVショッピングなので、ご多分にもれずモニターが登場していましたが、毎日運転しながらそれを聞いて話せるようになったTAXIドライバーとか、英語が話せるようになった主婦とかが登場していました(笑)。

「ながらリスニング」だけで英語をもし話せるようになれるなら、それはすごい事ですね。
こんなに苦労して勉強しているのが、バカみたいに思えてきます。
という事は、六法全書とかも「ながらリスニング」で覚える事ができるのでしょうか(笑)。

モニターが本当に話せるようになったというのなら、それは時間と手間を掛けてきちんと学習しての結果だと、私は思います。
そういうのは説明がなく、「ながらリスニング」だけで英語を話せるようになるというのが強調されていました。

当然の事ながら、TAXIドライバーの方が教材を見て、一生懸命勉強しながら運転しているシーンは出てきませんでした。
そんなの危険で乗りたくないですよね(笑)。
お客さんも一緒にリスニングしていたのでしょうか?
ラジオに替えてくれというクレームはなかったのでしょうかねぇ。

「ながらリスニング」だけでは、何を言っているのかわかりませんし、そのうち飽きてやめてしまうでしょうね。
それだけで話せるようになれるなら、日本全国の主婦が英語で井戸端会議をする日がきっとやって来る事でしょう。
私も、色んな言語をマスターして、ゴルゴ13のように多言語が話せるようになりたいです(笑)。

もしかしたら教材の内容は充実しているのかも知れません。
しかしながら、誰でも簡単に英語が話せるようになるという、あんなイメージを強調してしまうと、結局は自分の首を絞めてしまう事になるのでは、と思った次第です。
「きちんとリスニング」ならまだわかりますが。

どんな教材にしても、継続してきちんと勉強しない事には実を結ばない、というのは誰しもわかってはいるはずなんでしょうが、それが英語よりも何よりも一番難しい事ですよね。
できるだけ楽して、できるだけ早く、という人間心理を突いた上手な商法の一つですね。

後日、TOEICリスニング対策でやっている勉強方法を記事にしてみたいと思います。
リスニングですので、TOEICに限られる事ではないですが。
初心者である私はリスニングがさっぱりでしたが、一応1ヶ月強で、TOEICリスニング得点が60点アップした方法です。

リスニングなので、勉強方法はリスニングなのですが(笑)、少し工夫して継続できるようにした方法です。
ちなみに、「ながらリスニング」ではなく、ひたすら地道な勉強方法です。

Oh,イングリッシュ!

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

tag : TOEICリスニング対策 TOEIC

プロフィール

エリック

Author:エリック

  人気ブログランキングへ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
教材情報
リンク
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
ブログランキング【くつろぐ】
CoRichブログランキング

blogram投票ボタン
ブログ王
ブログランキング
BS blog Ranking
BlogPeople(仕事・資格)
リンク by BlogPeople
ブログの惑星
TREview(資格・スクール)
英語・英会話のBlog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。