キーワードを入れると色々な商品が検索できます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音のストリーム7回目授業

本日は最終500シリーズのスピーキングと、過去のテキストスピーキングを一部確認してもらいました。

レッスン開始当初に比べると自分でもかなり上達したと思います。
もちろんまだまだ修正すべき点は多々あるのですが、それでも最初と比べると格段の差だと思います。

さすがに500文を練習していると、各単語のつなげ方が段々とわかってきます。
今までは、前置詞と前後の単語のつなげ方などがいまいちわかりませんでしたが、けっこう自分の中で会得してきた感じです。
自分で勉強しているテキスト以外の文でも自然とつながるようになってきました。
(ただし、まだまだ英文を見ながらの読みでという事です)

意味を覚えている文に関しては、自分でもびっくりするぐらい素直にスピーキングできます。
じゃあ、意味を完璧に覚えればスピーキングできるのでは?と思いがちですが、私はそうではないと思います。
最初に英文の発音と音のストリームをかなり指導してもらったおかげで、覚えた英文がその状態ですっとスピーキングできるようになるのです。

意味をキチンと先に覚える方法だと、脳の中もしくは口の記憶がその時のスピーキングに縛られてしまい、後々の修正に手間がかかるはずです。
テキスト例文の横に意味は書いてありますので、覚えれなくても内容はわかる状態にはなっています。
なので、スピーキング時の感情移入には問題ありません。

読み込み(スピーキング)をけっこう練習した後だと、メモリボWで意味を覚えていく際にもあまり手こずらない感じです。
脳の中の音の記憶と日本語訳が上手く連動するっていった感覚とでも言えばいいのでしょうか。

他の生徒さんもブログに書いてありましたが、私も各テキスト例文の解説書をそんなに読んでいませんでした(笑)。
ところが、これがけっこう妙を得ていまして、今まで購入してきた参考書なんかとは違い、さすが通訳の方が解説しているといった感じです。
どうしてそんな言い回しになっているのかという説明が非常にわかり易いのです。

次回レッスンは、テキストのスピーキングの最終レッスンで、その次の回にはいよいよネイティブの先生にスピーキングを聞いてもらう予定です。
おそらく緊張してしまって、詰まりまくりだとは思いますが(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : 英語は自主学習が決め手
ジャンル : 学校・教育

tag : 音のストリーム メモリボW

プロフィール

エリック

Author:エリック

  人気ブログランキングへ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
教材情報
リンク
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
ブログランキング【くつろぐ】
CoRichブログランキング

blogram投票ボタン
ブログ王
ブログランキング
BS blog Ranking
BlogPeople(仕事・資格)
リンク by BlogPeople
ブログの惑星
TREview(資格・スクール)
英語・英会話のBlog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。